カウンセラーとして活躍している先生の中にも本名で活動している方、本名以外の名前で活動している方の両方がいます。

本名で活動する

カウンセラーとして活動する場合、本名で活動する先生も多くいます。
本名で活動するのが自然な流れだと思います。しかし、色々な事情で本名を公開したくない場合どうすればいいのかそのことについてお伝えしていきます。

本名を公開したくないカウンセラーさんへ

カウンセラーとして活動するとき本名で活動したくない場合どうすればいいでしょう。
という質問を良く受けてきました。
本名を公開したくない理由は色々あると思います。
本名以外で活動している先生もいますので、本名以外で活動することは特に問題はありません。

本名以外で活動しているカウンセラーのどんな名前

カウンセラーして活動する場合、本名でなくても、苗字+名前 形の名前を名乗ることを私はおススメします。
カウンセラーYUMI などの名前で活動している人もいると思いますが。
現時点では、苗字+名前 の方が多くの人に受け入れやすいです。

本名以外で活動する方の名前の良くある例

・旧性 を使う
・本名を変形した名前
・自分の好きな名前
・師匠に名前をつけてもらう
・占い鑑定で名前を決める
それぞれの事例については動画でもお話ししています。参考にしてください。

本名以外で活動する場合の問題点

本名以外で活動する場合大きく2つの問題について良く相談されます。
・銀行口座
・資格証明書

本名以外で活動するときの銀行口座

カウンセラーの先生の多くは個人事業主です。
その場合、自分の名前の銀行口座をお仕事用に使っていることがよくあります。
その場合、活動用の名前とクライアントさんの振込の際にお伝えする銀行口座の名前がちがいます。
このことをとても気にするカウンセラーさんが多いです。

この場合、個人事業主として銀行口座を開設することで問題が解決することがあります。
個人事業主は、屋号で銀行口座をつくることができます。
屋号で銀行口座をつくることで問題を解決となることも多いです。
但し、私が知る限り個人事業主の銀行口座の口座名には、下記のようになります。
「スターカウンセリング事務所 代表 北林絵美里」
口座名に、銀行口座を作った人の名前が入ります。
この点について気になる~というカウンセラーさんもたまにいます。
本名を出さない場合、どこまで出さないなら許せるのかあらかじめ考えておく必要がありますね。

本名以外で活動するときの資格証明書

カウンセラーの先生は様々な資格をお持ちだと思います。
資格証明書が発行されていると思います。
発行される資格証明書は本名で発行されることはほとんどです。
資格証明書の名前と活動用の名前が一致しないという問題が発生します。
資格証明書の画像をホームページに記載したい、
カウンセリング事務所に掲示したいと考えている場合、どうするべきかという相談を受けますね。

資格証明書が活動用の名前で発行してもらえるのか、資格取得したところに聞いて確認してみるのも良いと思います。

本名以外でカウンセラーとして活動することは可能!

本名以外の名前でカウンセラーとして活動することは可能です。
活動用の名前は、名刺に記載したり、ホームページに記載する以外にも使います。
様々なシーンで本名と活動用の名前が違うことで不便さを感じることもあると思います。

月収200万円カウンセラーを生み出した秘策を教えています


カウンセラーとして生計を立てていくためにはどうすればいいのか私のメルマガで分かりやすくお伝えしています。

本には書けなかったことも。メルマガ会員限定でお伝えしてます
メルマガをLINE@でもお届けしています。

※LINEで無料最新情報をお送りしています。毎週1回メッセージをお送りしています。不要でしたら通知オフにもできます。


カウンセラーの開業や集客について相談する

>>無料相談実施<< カウンセラーの開業や集客について無料相談実施しています。

>>メールで相談してみる
頂いたメールは48時間以内に北林絵美里が直接返信いたします。